レッドコード トレーニング

レッドコードトレーニング

レッドコード トレーニングの重要な点にスリング(吊り下げ)があります。
スリング(吊り下げ)の起源は、第二次世界大戦前のドイツで機能回復訓練として行われたのが最初であるといわれています。今なお理学療法の考え方の基本として他動運動から自動運動へ自動運動から抵抗運動へと伝承されています。
レッドコード発祥の地「ノルウェー」では予防医学の取り組みとして労働災害予防(肩こり・腰痛の防止)や生活習慣病予防(健康・体力増進)がすすんでおり国家をあげて診療所・病院から家庭まで90%以上普及しています。
前ノルウェー首相グロ・ハレム・ブルントランド氏はWHO(世界保健機構)の一環として
「骨格及び関節に関する研究」を積極的に率いてきた人物でありノルウェーの予防医学への関心の高さがうかがえます。

レッドコード トレーニングで体幹を安定化

レッドコード トレーニングの効果

理論からレッドコードトレーニングへの結論

ヤネすぽ 開始時間

Yane Sports Club 【ヤネすぽ】Menu&料金

得意メニュー一覧へ戻る

加古川市やね整骨院グループ院紹介ページはこちら

お役立ちブログ

一覧はこちら

その他のメニューはこちら

各種症例一覧はこちら


浜の宮駅×接骨・整骨部門
浜の宮駅×整体部門
浜の宮駅×マッサージ部門
2016年05月時点